Diary

わたしの存在そのものが質問なのだ。
その答えを知りたくて生きてるんだ。


 


 
 
2019.6.17 Mon その2  下半身はどこへ

美香さんからもらったマトリョーシカ。自分の部屋の本棚に置いていました。ふと見るとなぜか上半身だけがちょこんと乗っていました。マトリョーシカの下半身はどこに!!!探しても見つかりません。まるでだるま落としのようにストンと上半身だけがのこっている人形。美香さんのことを思いだしたとたんにこんなことが。いったいどういうことかしら。



 
 
2019.6.17 Mon  年輪

先日誕生日を迎えました。今年はツインリンクもてぎでトライアル選手権観戦でのハッピーバースデイ。お目当のフジガスも表彰台に乗り、茂木駅近くの洋食屋さんで美味しいハンバーグを食べ、満足満足な1日でした。

しかしながら、すでに人生の折り返し点を過ぎ、気持ちはそのままでも肉体はどんどん劣化していくのを最近急激に感じます。先日ついに老眼鏡を作りました(最近はリーディンググラスと言うそうな)。黒々とした太い髪の毛にも白髪がちらほら。夜更かしもあまりできなくなりました。どうしても失われていくものに目が行きます。
そんな時ふと思い出しました。かつて美香さんは、動かなくなるカラダを「楽しい」と言っていました。そのカラダでできることを発見することが楽しいと。強い人でした。私も今の自分と向き合って、楽しみたい。楽しいも。そんなことを思った誕生日でした。



 
 
2019.6.15 Sat  オメガ3とビタミンE

今年の春の人間ドックで、またしての中性脂肪が高いと出てしまいました。ウチの冷蔵庫にはあまりモノが入っていなくて、お腹がすくとおやつとしてチーズを食べていました。これがいけないのではと思い、一世一代の決心をして、チーズ節制をしています(「止める」でなくて「節制」ね、 笑)。代わりにクルミとアーモンドを食べています。クルミはオメガ3が高く、レステロール値や中性脂肪値を下げるそうです。アーモンドは抗酸化作用がありアンチエイジング効果のあるビタミンEが豊富に含まれています。そして脂肪燃焼に欠かせないビタミンB2も。さてさて、効果はあるのでしょうか。
来年の3月の人間ドックまで結果がわかりません。先が長いなあ。続けていられるかしら。



 
 
2019.6.14 Fri  余裕

最近また、パン焼き器でパンを焼きはじめました。余裕がでたんだな、って思います。



 
 
2019.6.7 Fri その2  夜のことば

今回大阪にきたもう一つの目的は、セレノグラフィカさんと枡田学さんのコラボレーション「夜のことば5」を観るためでした。伊丹の文化財にもなっている酒蔵での公演。シュールな世界観と丁寧でこまやかな身体で、目が離せませんでした。じっくりと染み込んでくるような舞台。こういうものが観たかったのだな、と思いました。最終の新幹線に飛び乗るようなドキドキなスケジュールでしたが行って良かったです。心に栄養。



 
 
2019.6.7 Fri  ぶらり博物館

少しだけ気持ちが落ち着いて、どこかに出かけたくなりました。ぶらり博物館。大阪のふたつの安藤忠雄建築の博物館に行ってきました。近つ飛鳥博物館と大阪府立狭山池博物館です。
近つ飛鳥博物館は古墳群公園の中にある考古博物館です。私一応史学科出身です。考古学も一般教養ですが学びました。展示もなかなか面白かったのですが、なんともすごいのが建物の外観。思わず「なんじゃこれー!」と声をあげてしまうような巨大石棺のようなものが小山の上に突き出ています。さすが安藤忠雄。博物館の内容とばっちり合っています。
一方狭山池博物館は1400年前に作られた日本最古のダムの博物館。水が上から降ってくる長いアプローチを進むと突然開ける広場。進む人に期待と建物に入る気持ちの準備をさせてくれます。この博物館は入り組んだ構造で、そこかしこで「覗く」という楽しみがありました。展示物のメインは1400年前の土の壁。壮大でした。
しかし、平日だからではないかもしれませんが、どちらの館もお客さんは少まばら。近つ飛鳥は1時間に1本のバスのみ。歩いて行かれるきょうりではなく、交通の便が悪いのも一因だとはおもますが、なんだかもったいない。1日のんびり過ごすと楽しい場所。近くにあったら日参します。しかし、ゆったりみられて、わたしとしてはラッキー!な気分でした。

近つ飛鳥博物館
近つ飛鳥博物館のそびえ立つ建物

狭山池博物館 狭山池博物館
これが1400年前のダムの土壁。そして水をたたえるエントランス







 
 
日記倉庫
|2000年3月|4月|5月|6月|7月|8月|9月|10月|11月|12月|
|2001年1月|2月|3月|4月|5月|6月|7月|8月|9月|10月|11月|12月|
|2002年1月|2月|3月|4月|5月|6月|7月|8月|9月|10月|11月|12月|
|2003年1月|2月|3月|4月|5月|6月|7月|8月|9月|10月|11月|12月|
|2004年1月|2月|3月|4月|5月|6月|7月|8月|9月|10月|11月|12月|
|2005年1月|2月|3月|4月|5月|6月|7月|8月|9月|10月|11月|12月|
|2006年1月|2月|3月|4月|5月|6月|7月|8月|9月|10月|11月|12月|
|2007年1月|2月|3月|4月|5月|6月|7月|8月|9月|10月|11月|12月|
|2008年1月|2月|3月|4月|5月|6月|7月|8月|9月|10月|11月|12月|
|2009年1月|2月|3月|4月|5月|6月|7月|8月|9月|10月|11月|12月|
|2010年1月|2月|3月|4月|5月|6月|7月|8月|9月|10月|11月|12月|
|2011年1月|2月|3月|4月|5月|6月|7月|8月|9月|10月|11月|12月|
|2012年1月|2月|3月|4月|5月|6月|7月|8月|9月|10月|11月|12月|
|2013年1月|2月|3月|4月|5月|6月|7月|8月|9月|10月|11月|12月|
|2014年1月|2月|3月|4月|5月|6月|7月|8月|9月|10月|11月|12月|
|2015年1月|2月|3月|4月|5月|6月|7月|8月|9月|10月|11月|12月|
|2016年1月|2月|3月|4月|5月|6月|7月|8月|9月|10月|11月|12月|
|2017年1月|2月|3月|4月|5月|6月|7月|8月|9月|10月|11月|12月|
|2018年1月|2月|3月|4月|5月|6月|7月|8月|9月|10月|11月|12月|
|2019年1月|2月|3月|4月|5月|