再演決定!

若葉町バージョンに完全リクリエーション


スフィンクスの絵本〜若葉町バージョン〜


スフィンクスの絵本スフィンクスの絵本

2019年2月9日(土)〜10日(日)


尾形直子(ダンス) 平田友子(ダンス) 吉福敦子(ダンス)

来島友幸(美術) 舩橋陽(音楽)



 




 
 
 
朝は四本足、昼は二本足、夕は三本足、この生き物はなあに?


スフィンクスは人の一生を朝昼夕になぞらえ謎かけを発しました。

人生を1日に例えるなら、今は何時でしょうか。

この作品は3人のダンサーが「自分史」をスケッチブックに作り、

それを「舞踊譜」として話し合い、交換し合い、創られました。

来島友幸の"Form is Rhythm"という

「場所の時間」を収集し、弱音で「リズム」と「間」を奏で続けるインスタレーションの中で、

ダンスが記憶の頁をめくります。

今回は若葉町バージョンに完全リニューアル。

 
 
Outline  Profile  Staff  Flyer1  Flyer2



日時 2月9日(土)15:00 / 19:00
2月10日(日)11:30 / 16:00

当日券発売いたします

*開場は開演の30分前

*10日16:00の回終了後に「対話による鑑賞会」あり。
 どの日にちでもパフォーマンスを観た方ならご参加できます。(無料)ご予約ください。

入場料 前売 一般3000円 / 当日 一般3500円
*「対話による鑑賞会」無料(要予約)


会場 若葉町ウォーフ
神奈川県横浜市中区若葉町3-47-1
京急「黄金町」下車 徒歩4分
京急「日ノ出町」(急行停車駅)下車 徒歩8分

ご予約 TEL&FAX 03-3326-4945(StudioGOO)
E-mail fukugoo@yahoo.co.jp

*申込みの際は件名を「スフィンクス」とし[お名前、フリガナ、鑑賞日時、枚数、E-mail、電話番号]をお知らせ下さい。

JCDNダンスリザーブ  http://dance.jcdn.org/

Web申し込みフォーム  

*「対話による鑑賞会」参加ご希望の方はメール(fukugoo@yahoo.co.jp)にてお申し込みください。

お問合せ TEL&FAX 03-3326-4945(StudioGOO)
E-mail fukugoo@yahoo.co.jp


「対話による鑑賞会」とは

ワークインプログレスでもクリティック(批評)でもありません。
対話型鑑賞はニューヨーク近代美術館で開発された美術鑑賞法です。VTS=visual thinking strategiesと呼ばれています。
対話型鑑賞では、何の知識も持たずひとつの作品と時間をかけて向き合い、そこから得た印象や想像したこと発見したことをグループで話し合いながら、対話を通して作品を鑑賞します。
ダンスって良くわからないなという方、言葉にするのが苦手な方、ファシリテーターの簡単な質問からスタートして、自分が感じたことを話してみませんか。

どの日にちでもパフォーマンスを観た方ならご参加できます。ご予約ください。

ファシリテーター:斎藤実雪(NPO法人 SEED OF ARTS)


 

構成・演出:吉福敦子
振付・出演:尾形直子、平田友子、吉福敦子
美術:来島友幸
音楽:舩橋陽





照明:岡田淳
音響:サエグサユキオ
舞台監督:呂師
映像:宮部勝之
張り子製作:来住真太
記録写真:bozzo
制作協力:塚原ゆきえ、長谷川謙一郎
協力:シバイエンジン
制作:StudioGOO
主催:Unit Dance Bookshelf

TPAMフリンジ参加作品



 


   Unit Dance Bookshelf

作品ごとにメンバーを集める吉福敦子によるダンスユニット。2011年旗揚げ。主な作品に「窓の向こう」「間奏曲」など。東京、福岡にて上演。シンプルにしてミニマル。シュールレアリスティックな世界観が特徴。


 



吉福敦子

   吉福敦子

幼少より踊る。モダンダンスを黒沢輝夫・下田栄子,クラッシクバレエを田中紀久子に師事。最近はボディワークやヨガのトレーニングを積む。
85年から89年まで黒沢美香&ダンサーズのメンバーとしてほぼ全ての作品に出演。1989年川口隆夫らとATA DANCEを結成。共同で作品を創作する。劇場での上演と同時に原宿表参道の1kmの道を往復しながら踊るストリートパフォーマンスを定期的に行う。
96年よりソロ活動開始。2011年より作品毎にメンバーを組むUnit Dance Bookshelfを始動。作曲家生形三郎、足立智美、美術家岩塚一恵、かなもりゆうこ、などコラボレーションワークも多数。
身体の感覚や質感を丁寧に探り、その動きの必然にこだわり、追求している。 「書物を読むようにダンスの行間を読み解く」を信条に、現実の中に存在する強度の現実(=超現実)を呈示しつつ、温度を感じさせない独特の質感の身体の存在感も相まって、シュルレアリスティックな世界を創りだしている。
2011年青山学院大学ワークショップデザイナー育成プログラム6期修了。2012年生涯学習開発財団ワークショップデザイナー認定取得。15年対話型鑑賞ファシリテーター養成講座3期修了。14〜15年コミュニティダンス・ファシリテーター養成スクールプログラム修了。
http://www.studiogoo.net/

写真:bozzo
 
尾形直子

   尾形直子

ダンサー/整体師/ヨガインストラクター
元トランポリン選手で体育教師の父とピアノ教師の母のもとで幼少期よりスポ ーツと音楽に親しむ。小学生の時に観たミュージカルに衝撃を受け、ダンサー になることを決意。日本女子体育大学で舞踊学を専攻し、世界の様々なダンス に触れるなかで、表現の自由さに惹かれ、コンテンポラリーダンスの世界に入 る。大学卒業後、講師として中高生にダンス指導をする傍ら、コンテンポラリ ーダンスカンパニー“Co.山田うん”に入団し、約5年間在籍し、国内外の公演に 出演。その後、田畑真希振付作品に参加し、横浜ダンスコレクションR2009で 「未来へはばたく横浜賞」「MASDANZA賞」をW受賞。同年スペインで行われたMASDANZAダンスコンペティションで準優勝に輝く。
身体への興味、探究心から整体師の資格を取得し、2010年にインドへ移住し、 整体サロンを運営。想像以上の衝撃と過酷な生活の中で、生命の原点を見つめ 直したいと、ヨガの世界へ足を踏み入れる。2013年にYoga Alliance International INDIA RYT200を修了し、帰国。
現在、ダンス・整体・ヨガを生活の三本柱とし活動をしている。ダンサーとしては、笠井瑞丈・上村なおかの作品に参加。イベントなどで音楽家たちとの即興セッションを多く行っている。整体師としては、2013年に池田扶美代×山田うんの作品「Amness」のクリエーションアシスタント兼整体師を経て、2015年ベルギーダンスカンパニーRosasの9週間に及ぶエキシビジョンに専属整体師として同行。2017年5月の来日公演にも同行。
振付家としては、2016年に『yellow gold』(楠美奈生との共作)、『ハイアー』を発表。身体の小宇宙と向き合い続け、無常の表現を追求。 「カラダ」というジャンルで多岐にわたる活動を行う。

写真:MILLA


 
平田友子

   平田友子

お茶の水女子大学大学院舞踊教育学専攻修了。94-08年ダンスワークスに所属。
97-03年永谷亜紀&danscapesにダンサー兼演出助手として参加。各カンパニー公演を始めとして新国立劇場公演「the edge」「如風」「曲線した声」、文化庁本物の舞台芸術体験事業公演、現代舞踊協会公演「火の鳥」など数多くの舞台に出演。
カンパニー退団後、中野真紀子、佐藤昌枝、菊地尚子らの作品へ出演を重ねつつ、自身の企画「わらふ鯨」シリーズ(05年〜)を上演。動きと言葉で紡ぐ丁寧で心地よい作品世界で好評を得る。
身体表現・ボディワークの指導者としても広く活動。ICU・立教大学・聖徳大学・尚美学園大学非常勤講師。Studio Harmoniaを主宰。全米ヨガアライアンス認定指導者RYT200。インドsVYASA認定ヨガ指導者。
「ダンスと徒然」http://mauchan-odorer.cocolog-nifty.com/blog/

写真:池本さやか
 
来島友幸

   来島友幸

美術家。神戸出身、横浜青葉区在住。
まわりの環境と自身の時間感覚を下敷きとした小さな音しかでないちょっとコアなインスタレーションを作っています。焦点をしぼらない、不確かさを大事にする弱音スケープなるものです。


主な展覧会
2000-2001 スキマプロジェクト commandN (東京)
2004“Form is Rhythm @ gallery ledeco” ギャラリー ルデコ (東京)
2007 中島望・来島友幸 二人展 金沢21世紀美術館(金沢)
2008 ノシロナオコ「そこにある身体シリーズ」vol.6"ま&ま" RAFT (東京)
2009-2016 横浜下町パラダイスまつり art lab ova(横浜)
2011 来島友幸・栃木美保展『A Book Body -知覚の手触り-』 yahiro8(東京)
2011 会津・漆の芸術祭 大和川酒造(福島,喜多方)
2012 Book Art Week 2012 in Kansai#2 ”書肆 砂の書”(京都)
2012 多重風景yahiro展vol.3 来島友幸個展 ”yahiro8(東京)
2014 小豆島土庄町アート化計画 WS (小豆島,土庄)
2014-2015 年の瀬小景ス RAFT (東京)
2015-2016 CON展 松村記念館(栃木,足利)

最近のお気に入り
寄席に行き落語で笑う。蕎麦屋での飲酒。



 
舩橋陽

   舩橋陽

1995年から主にサキソフォンによる演奏活動を開始。現在は即興演奏によるソロやセッション、自身が主宰するユニット・SHERPA、功陽樹などで活動。一方、大橋可也&ダンサーズ、富士山アネットなど、ダンスカンパニーへの楽曲提供や演奏参加、ファッション展示や映像作品のためのサウンドなども手掛けている。2012年にRONDADEより「3AM」をリリース。また、近年は音楽活動と並行して、サウンドオブジェや写真も発表している。
blog[アメフラシ アマハラシ]http://yowfnhs.exblog.jp


写真:喜多村みか