workshop"


ばら色の日々 photo  
photo:
Kazuyuki MATSUMOTO


生涯学習開発財団認定ワークショップデザイナー
青山学院大学ワークショップデザイナー育成プログラム6期終了
対話型鑑賞ファシリテーター養成講座3期終了
コミュニティダンス・ファシリテーター養成スクールプログラム終了

インタビューしていただきました。

2016.6 「探検ダンス団」
@豊島区立池袋第二保育園

5歳児約20人とのワークショップ。ストーリー仕立てで、ボートに乗って島へ行き、様々な動物や自然と出会う様を想像し、カラダを通じて体験するプログラム。(芸術家と子どもたち)


2015.3 「Paper Lovers―紙にふれる、からだ」
@芦屋市立美術博物館

芦屋市立美術博物館の「びはくるーむ」のシリーズのひとつとしてワークショップとパフォーマンスを開催。子供から大人まで。様々な紙にふれてカラダを感じたり、紙を使ってカラダを動かしたり。最後はワークショップ参加者もパフォーマンスに参加しました。

photo1   photo2   photo3

2014.6 「動物観察ダンス団―動物を観察して、体で表現してみよう」
@井の頭自然文化園

井の頭自然文化園の中野動物園の動物を、飼育員さんと一緒に動き、形態、性質をじっくり観察して、そこからダンスを創ります。
午前中は親子編、午後は大人編を行ないました。

このワークショップのインタビュームービーができました!

チラシが見られます。 動物観察ダンス団FLYER


2013.8 IID KIDS WORKSHOP in Summer2013
「カラダで発見!僕の街私の街
 〜親子でダンスワークショップ」

@IID 世田谷ものづくり学校

実際に毎日歩いている道順をスタジオで再現して、そこからダンスを創っていきます。歩いたり、空を見上げたり、挨拶したり、日常の些細な動きがダンスになります。ワークショップでの体験が実際の道を歩いた時に蘇り、日常での新たな発見や気づきにつながります。
(IID ワークショップ公募企画 優秀賞)


2013.4 DaSH
「やわらかいカラダ、やわらかいアタマ
 ―ほぐして、気づいて、創る。誰でもダンスワークショップ―

@SHIBAURA HOUSE

ビジネスパーソンのためのカラダのワークショップ。
ハードな仕事でこわばったカラダをほぐすことで、感覚に変化が起こること、また、カラダを通じて発想することで、机の上とは異なるなる回路が開かれやすくなることを意識したコンテンツです。
前半は小さな動きからカラダを緩め、カラダのなかへの意識を導きます。後半は自分の名前をカラダのパーツで書くというルールで動きを創り、それに「ワクワク」「しょんぼり」「イライラ」などの感情を付け質感を付加します。最後はグループワークでミニダンスを創って発表します。


2012.10 「手をつなごう 触れ合うダンス」
@芳じゅ女学院情報国際専門学校

ボランティ論での授業2コマ。円になって手をつないだまま、人間知恵の輪の様な状態で動きをつくります。


2012.7 柴又かっちけねえ’s ダンスワークショップ
第1回「ぐにゅぐにゅずんずん伸び縮みするダンス」
第2回「名前でダンス」

@柴又小学校体育館

柴又の大江戸ダンスの連、柴又かっちけねえ’sのメンバーへのワークショップ。第1回目は1つの動きを大きくしたり小さくしたり、早くしたり遅くしたり。動きのモチーフで自由に遊ぶ楽しさを体験します。
第2回目は1回目を踏まえて、カラダのパーツで自分の名前を描くルールで動きを創作する楽しさを味わいます。

2012.1 「窓のむこう ダンスワークショップ」
 ボディコンディショニングクラス/クリエーションクラス

@StudioGOO

Unit Dnce Bookshelfダンス公演「窓のむこう」にともなうワークショップ。作品と同じ創作メソッド―日常生活での基本「歩く」ことから、それぞれの地図を創り、そこからダンスを創る―を用いてオリジナルダンスを創ります。自分自身への気づきと同時にダンス作品への理解も深まります。


2011.12 門仲天井ホール東北関東大震災被災者支援プロジェクト 関連イベント
「親子で楽しむカラダワークショップ4
 歩いてダンス!」

@門仲天井ホール

日常生活での基本「歩く」ことからダンスを創ります。カラダで表現する楽しさを親子で体験します。

レポートがコチラから読めます。

2011.11 古石場文化センターまつり
「親子でおどろう!だれでもダンサー↑〜なまえで踊ろうの巻〜」

@古石場文化センター

カラダのパーツで自分の名前を描くルールを使ってダンスを創ります。誰でもどんな人でもカラダで表現する楽しさが味わえる体験です。


2011.10 「心と身体をゆるめる、ほぐす、体感する」
@芳じゅ女学院情報国際専門学校

ボランティ論での授業2コマ。他者と一緒に「歩く」体験。(目をつぶって手をひいてもらう、大勢で一列になって気配を感じて歩く、カラダのどこかを接触させてあるく など)そこで得たものからグループでのクリエーションを行ないました。


2011.10 寺子屋どんぶりワークショップ あそびの王国
「オノマトペにカラダでチャレンジ!」

@キッズ・プラザ武蔵台

青山学院大学ワークショップデザイナー育成プログラム修了したワークショップデザイナー集団「寺子屋どんぶり」による児童館でのワークショップシリーズ。
オノマトペ=擬音・擬態語 をみんなで発明をして、その感触をダンスにします。カラダとアタマを柔らかにしてダンスを発明します。


2011.7 門仲天井ホール東北関東大震災被災者支援プロジェクト 関連イベント
「親子で楽しむカラダワークショップ3
 紙とダンスをしよう」

@門仲天井ホール

ティッシュペーパー、新聞紙、90×120cmの模造紙などを、飛ばしたり、音を出したり、足でクシャクシャにしたり。行為をするために必要な動きがダンスになります。紙を自由に使ってカラダで表現する楽しさを味わいます。

レポートがコチラから読めます。


2011.6 門仲天井ホール東北関東大震災被災者支援プロジェクト 関連イベント
「親子で楽しむカラダワークショップ2
 名前であそうぼう」

@門仲天井ホール


2011.5 門仲天井ホール東北関東大震災被災者支援プロジェクト 関連イベント
「親子で楽しむカラダワークショップ1
 オノマトペにカラダでチャレンジ」

@門仲天井ホール

オノマトペ=擬音・擬態語 をみんなで発明をして、その感触をダンスにします。カラダとアタマを柔らかにしてダンスを発明します。

このプロジェクトでのミニインタビューがコチラから読めます。